ミュージアム

ファブリアーノ市の新ミュージアムセンターは、特別展示会、セミナー、教育活動や文化イベントなどが開催される生きたスペースとしてみなされ、それは出会いの場、アトラクションの場、そして人が集まる場となり、卓越なものの価値をさらに上げることを目指します。このビジョンにおいて、201912月、この常設ミュージアムがオープンする際に、2001年にファブリアーノ・クプラモンタ―ナ貯蓄銀行財団にて設立されたルジェーリ・マンヌッチ・コレクションが開催され、大きな変化をもたらします。実際、財団はこの地理的エリアの芸術遺産を保護し、その価値を高めることを使命としており、その使命のために、ファブリアーノの芸術家であるクイリーノ・ルジェーリ1883-1955)とエドガルド・マンヌッチ1904-1986)の著しい数の作品を買い取ることを決めました 。彫刻、絵画、グラフィックス、宝石類は、同コレクションの一部です。